Yuto Blog
rss-iconx-icongithub-iconyoutube-icon

weekly blog 4/22 ~ 4/28

Intro

今週はReact19 Betaのブログと、Node.js v22のリリースがありました。

React 19 Beta

React 19が公開されました。

$ npm install react@beta react-dom@beta

とすることで使用可能になるそうです。

簡単に今回のアップデートについてみていきます👀

What’s new in React 19

最初にActionsについてです。これはServer Actionsの説明ではなく、useTrantionのようなhooksを使うことができるという紹介です。

function UpdateName({}) {
  const [name, setName] = useState("");
  const [error, setError] = useState(null);
  const [isPending, setIsPending] = useState(false); // 自分でstateを作り、ローディングの状態管理を行う

  const handleSubmit = async () => {
    setIsPending(true);
    const error = await updateName(name);
    setIsPending(false);
    if (error) {
      setError(error);
      return;
    } 
    redirect("/path");
  };

  return (
    <div>
      <input value={name} onChange={(event) => setName(event.target.value)} />
      <button onClick={handleSubmit} disabled={isPending}>
        Update
      </button>
      {error && <p>{error}</p>}
    </div>
  );
}

function UpdateName({}) {
  const [name, setName] = useState("");
  const [error, setError] = useState(null);
  const [isPending, startTransition] = useTransition(); // apiを使い、ローディングの状態管理ができるように

  const handleSubmit = async () => {
    startTransition(async () => {
      const error = await updateName(name);
      if (error) {
        setError(error);
        return;
      } 
      redirect("/path");
    })
  };

  return (
    <div>
      <input value={name} onChange={(event) => setName(event.target.value)} />
      <button onClick={handleSubmit} disabled={isPending}>
        Update
      </button>
      {error && <p>{error}</p>}
    </div>
  );
}

new Action features in React 19

Next.jsですでに使われているものは紹介不要かと思うので、リンクだけにしておきます。自分は新しいAPIのみ紹介します。

useActionState

const [error, submitAction, isPending] = useActionState(async (previousState, newName) => {
  const error = await updateName(newName);
  if (error) {
    // You can return any result of the action.
    // Here, we return only the error.
    return error;
  }
  
  // handle success
});

こちらは以前まで存在していたuseFormStateに新しくpendingが返ってくるように変更されたhooksです。これによるuseFormStateは非推奨になりました。

New hook: useOptimistic

function ChangeName({currentName, onUpdateName}) {
  const [optimisticName, setOptimisticName] = useOptimistic(currentName); 

  const submitAction = async formData => {
    const newName = formData.get("name");
    setOptimisticName(newName);
    const updatedName = await updateName(newName);
    onUpdateName(updatedName);
  };

  return (
    <form action={submitAction}>
      <p>Your name is: {optimisticName}</p>
      <p>
        <label>Change Name:</label>
        <input
          type="text"
          name="name"
          disabled={currentName !== optimisticName}
        />
      </p>
    </form>
  );
}

次にuseOptimisticについてです。以前からあったのかもしれませんが、自分が知らなかったのでメモとして残しておきます。

optimistic updateとは日本語だと「楽観的更新」みたいな風に直訳するとなります。言葉としてはわかりづらいですが、ようは処理の結果に関係なく見た目を変化させたい時に使うものです。

New API: use

// Client Component
import {use} from 'react';

function Comments({commentsPromise}) {
  // `use` will suspend until the promise resolves.
  const comments = use(commentsPromise);
  return comments.map(comment => <p key={comment.id}>{comment}</p>);
}

// Server Component
function Page({commentsPromise}) {
  // When `use` suspends in Comments,
  // this Suspense boundary will be shown.
  return (
    <Suspense fallback={<div>Loading...</div>}>
      <Comments commentsPromise={commentsPromise} />
    </Suspense>
  )
}

続いてuse apiです。これはtanstack queryが公式APIで提供されたというイメージを自分は持っています。

しかし個人的にはデータフェッチはServer Componentで済ませられると思っており、↑ の参考コードもわざわざpropsでpromiseを受け取るようにする必要はあるのかなという気持ちがあります。(これはサンプルなので一つのユースケースとして書いてくれてるだけかと思いますが...)

Client Componentでデータフェッチを行いたい時(SPAなアプリを作る時)に、自前でpromiseとthorwしたりしなくて良いのは便利そうだなと思いました。

その他のアップデート

React 19 Beta Upgrade Guide

いろんなAPIが削除されていたりとか、細かい変更などが載っています。

Node.js 22 is now available!

Node.js22のアップデート情報です。自分が気になったものをピックアップしていきます。

Maglev

v8でMaglevというコンパイラが有効になりました。

自分がv8周りの知識が浅いので、古川さんの資料がとても参考になりました。気になる方はぜひみてみてください!

Support require()ing synchronous ESM graphs

CJSからESMのコードを読み込めるようになったという話です。 こちらについては以前自分が要約としてWeeklyにまとめているのでそちらもご覧ください

まとめ

無事にアプデについてまとめられました。今回はReactはどういった機能なのかをみただけですが、またどこかでコードを読んでブログにまとめたいものです。

関連

0